2月上旬から花粉症のシーズンとなります。

くしゃみ、鼻水、鼻詰まり、目の痒みなど毎年悩まれている方も多いのではないでしょうか。

東京での本格的な飛散が始まるのは2月下旬で4月下旬まで春の花粉のピークが続くそうです。

今年は、昨年よりも花粉の飛散量が多くなる見込みです。

一般的に花粉症治療に用いられているアレルギーの薬は症状が出てから服用するより、

症状が出る2週間前程から服用することで、症状が軽くすむことが多いとのデータが出ており、特に鼻汁、くしゃみ症状が強い方に効果的です。

症状によって効果的なお薬が異なりますので、診察後に症状に合った内服薬、点鼻薬、点眼薬を処方いたします。

すでに花粉症にお悩みの方、早期予防をお考えの方もお気軽にご相談下さい。

さいとうファミリークリニック